イチロー「オンリーワンの方がいいなんて言っている甘い奴が大嫌い」

2pt   2020-03-26 13:01
スポーツまにあちゃんねる


69520ecd.jpg
(出典 baseballgate.jp)


結果的にオンリーワンになってるような気が笑
(出典 イチロー「オンリーワンの方がいいなんて言っている甘い奴が大嫌い」)

1 風吹けば名無し :2020/03/26(Thu) 06:47:44 ID:7I7/PWCc0.net

さまざまなタイトルや打ち立てられた記録とともに、示唆に富んだ言葉が並ぶ。イチローがメジャー19年の間で残した発言には、トップアスリートならではの矜持が凝縮されている。
偉業を成し遂げる道中で、研ぎ澄まされた感覚と独自のこだわりが唯一無二の価値観を築き上げた。稀代のヒットメーカーが残した言葉から今一度、その深淵に触れてみよう。

「僕のプレーヤーとしての評価はディフェンスや走塁を抜きにしては測れない。どの部分も人より秀でているわけではないし、全てはバランスと考えています」

(2001年11月20日/MLB1年目で新人王とMVPを受賞。自らのプレースタイルを語って)

「僕は天才ではありません。自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」(2002年9月29日/シーズンを終えて、自身を「天才」とは定義していないと説明)
「メディアと選手は戦っています。お互いが緊張しなくてはいけないし、お互いが育て合う関係だと思います」
(2003年9月28日/シーズン終了後、メディアとの関係にも妥協しない理由について)

「守備や走塁にスランプがないというのは、そこそこのレベルの人の話です」
(2005年11月2日/ゴールドグラブ賞を獲得して、守備と走塁に対する考えを述べる)

「間違いなく似合うと分かっていましたから」
(2006年2月21日/WBC日本代表の練習でジャッキー・ロビンソンスタイルのストッキング履きを披露して)


(出典 イチロー「オンリーワンの方がいいなんて言っている甘い奴が大嫌い」)


c?ro=1&act=rss&output=no&id=8213764&name
   アンテナあれこれトップページへ
2ちゃんねるまとめサイトの話題が沢山。